セルゲイ・メルニチェンコ|Sergey Melnitchenko

「Young and Free?」/「Metaheroes」

2022年3月23日(水)-5月14日(土)

開館時間|水木金土 13:00-18:00 

休館日|日月火祝 

*4/29、5/4(水)5(木)は休館と致します。

Open Wed, Thu, Fri, Sat 13:00-18:00

Closed on Sun, Mon, Tue, and Holidays (Closed on Apr 29, May 4, and 5)

[Artist Talk: アーティストトークのご案内]

日時:2022年4月2日(土)17:00-18:00

*参加をご希望される方は下記宛に参加者のお名前をメールでご連絡ください。

esther@zulaarts.com

Artist Talk with Sergey Melnitchenko @sergey_melnitchenko on Apr 2, Saturday from 17:00 to 18:00.

*Please book in advance by sending an email to esther@zulaarts.com

Profile

1991年ウクライナ南部ムィコラーイウ(Mykolayiv)生まれ。

2009年に写真を撮り始める。2018年MYPH School of Conceptual and Art Photographyを設立。ウクライナ・フォト・オルタナティブ(UPHA)のメンバー。世界各地で展示を開催しており、2017 年にはライカ本社にてオスカーバルナック賞の新人賞を受賞したほか、ウクライナの首都キエフにて2012年、2013年、2016年とPhotographer of the Year賞を受賞している。また、Krakow Photomonth(2013)、Pinchuk Art Center Prize(2015)、Foam Paul Huf Award(2020)にノミネートされたほか、Paris Photo、Volta Art Fair, Photo L.A.、Photo Basel等複数の写真展に参加。

Click Here for More Information from the Artist Website.

Sergey Melnitchenko was born in 1991 in Mykolayiv, Ukraine. Started photography in 2009. In 2018 – founder of school of conceptual and art photography MYPH. Member of UPHA – Ukrainian Photo Alternative. In recent years, he has participated in more than 100 solo and group exhibitions around the world. Winner of Ukrainian and international contests including “Leica Oskar Barnack Award Newcomer” in 2017 (Berlin), “Photographer of the Year” in 2012, 2013 and 2016 (Kyiv, Ukraine), “Golden Camera” in 2012 (Kyiv, Ukraine). Shortlisted for Krakow Photomonth in 2013 and Pinchuk Art Center Prize in 2015, among others. Participant of “Paris Photo”, “Volta Art Fair”, “Photo L.A.”, Photo Basel, etc. Nominated on “Foam Paul Huf Award” in 2020. Sergey’s works are in private and public collections in USA, Hong Kong, Ukraine, Russia, Poland, France, Germany, Belgium, Lithuania and Czech Republic.

 
​直近の主な個展/Recent Solo Show 

2021 • “Fundamental Space Explorations of Naked Singularity” – Vasli Souza Gallery, Oslo, Norway
2020 • “Young and free”, Leica 6×7 Gallery, curator Adam Mazur – Warsaw, Poland
2019 • “From Dusk Till Dawn”, f22 foto space – Hong Kong
2019 • “Schwarzenegger is my idol”, Museum of Kharkiv School of Photography – Kharkiv, Ukraine
2019 • Leica Gallery London – London, UK
2018 • “Behind the scenes”, European Month of Photography, Galéria Michalský dvor – Bratislava, Slovakia
2018 • “Only Now Only Never”, FACE Foundation – Kyiv, Ukraine
2018 • “Loneliness online”, SomoS Art Gallery – Berlin, Germany
2018 • Sztuka w dialogu, “Loneliness online and Polaroids from China”, Piekno Panie Gallery – Lublin, Poland
2018 • “Behind The Scenes”, Claude Samuel Gallery – Paris, France
2017 • “PLAYDAY”, Face Foundation/Mironova Gallery – Kyiv, Ukrain

 

所蔵/Public Collections

f22 foto space / f11 Foto Museum collection – Hong Kong
Artelli Gallery / Schonfeld Gallery Collection – Antwerp/Brussels, Belgium
Little Odessa Gallery collection – Paris, France
Grynyov Art Foundation Collection – Kyiv, Ukraine
Museum of Kharkiv School of Photography Collection – Kharkiv, Ukraine
Mironova Gallery Collection – Kyiv, Ukraine

 

所蔵/Private Collections

Dava Foundation (Darius Vaichekauskas private collection) – Klaipeda, Lithuania
Private collection of Borden Burns – Birmingham, AL, USA
Bourgain Morales Private Collection – Paris, France
Carothers Family Private Collection – Seattle, Washington, USA
Dirk Vanduffel private collection – Antwerp, Belgium
Tomita Family Private Collection – New York, USA

細井えみか|Emika Hosoi

Swimming Focus

覚束ないピント

2021年12月2日(木)-1月9日(日)

開館時間|木金 12:00-17:00、土日 13:00-18:00 

休館日|月火水祝 

*12/30-1/2は休館と致します。

Open Thu&Fri 12:00-17:00/Sat&Sun 13:00-18:00

Closed on Mon, Tue, Wed, and Holidays (Closed from Dec 30 to Jan 2)

Profile

1993 バンコク生まれ

2016 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業

2017 公益財団法人クマ財団クリエイター奨学金一期生

2018 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース修了、"BUSHOUSE"として100BANCH所属、東京を拠点に活動

Yoshio Nakajima 

"Son of Sun"

Paintings and Sculptures from Yoshio Nakajima

【展覧会のお知らせ】

 

開館時間|12:00-17:00

休館日|日、月、祝

 

Yoshio Nakajima Solo Exhibition "Son of Sun"

May 12 - Jun 30

12:00-17:00

Closed on Sundays, Mondays and Holidays (Appointment only until May end)

 

中島由夫は、スウェーデンに在住して60年近く、アスガー・ヨルン(Asger Jorn)らコブラ派のメンバーを始め多くのアーティストたちと芸術運動に関わるなどし、パフォーマンスを行う他、絵画、陶芸作品などを製作してきました。スウェーデン国立ヴァーランド芸術大学在学(1966-1972)、Skånska Konstakademien(自由創造国際大学)初代校長に就任(1977-1986)。終生のモチーフとなる「白夜の太陽」を描き、1978年、スウェーデン政府文化アカデミー賞を受賞。1989年ジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センター(パリ)にてアスガー・ヨルン(Asgar Jorn)賞を受賞。

Famous Paradox / Beyond the Walls 
By Marc Ramet

Exhibition 2018.05.12.-05.27. 
Opening Cocktail 2018.05.12. @17:00

Open Sat and Sun only (12:00-18:00)
Entrance free.

This is a duo exhibition by a French artist Marc Ramet. The exhibition includes photographies and paintings/collage.

 

フランス人作家Marc Rametの展示は、Famous Paradox、そしてBeyond the Wallsのタイトルの下、2つのプログラムに分かれており、前者ではコラージュとペインティングを、後者は写真を中心にご紹介いたします。

来日してから現在まで、5年間の滞在の中で目にした東京がもつ様々なコントラストを美しく捉えたポエティックな展示です。

本展は、Zula Art Galleryとして現在の場所で開催する公式展示としては最後の展示となります。
是非いらしてください。お待ちしております。

 

 

Emika Hosoi 1st Solo Show

​確かめる行為 The Acts of Confirming 

2018.02.18.-2018.03.11.

Open on Fridays, Saturdays, and Sundays 12:00-18:00

Opening Reception: 2018.02.18. 17:00-

Profile:

細井 えみか / Emika Hosoi


1993 バンコク生まれ

2016 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業

2017 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース在籍

     公益財団法人クマ財団クリエイター奨学金一期生

 
展示

2017「彫刻と対話法Ⅲ −思いどおりにする、をするか−」府中市美術館/東京

    「LOST SIDE STRIP」ミツバコウサクショ/東京

2016「Tropical Lab 10:Fictive dreams」ラサール芸術大学/シンガポール

  「IN TEN」武蔵野美術大学/東京

  「第39回東京五美術大学連合卒業・修了制作展」国立新美術館/東京

  「武蔵野美術大学卒業・修了制作作 2015」武蔵野美術大学/東京

2015「銀座モダンアートガールズ展」銀座モダンアート/東京

  「アジア創造美術展'15」国立新美術館/東京

2014「小平アートサイト2014:GATE」小平市中央公園/東京

  「ARTISTS’ CAFE Vol.9」銀座モダンアート/東京

2013 ARTON×asobiba production「ASOBIBA展」ARTON/東京

   「nanaten」UPSTAIRS GALLERY代官山/東京

  「ARTISTS’ CAFE Vol.6」銀座モダンアート/東京

  「第9回 ベラドンナ・アート」東京都美術館/東京

  「ARTISTS’ CAFE Vol.3」銀座モダンアート/東京
 

受賞

2016「武蔵野美術大学五賞受賞(清水多嘉示賞)」(奨学金)

2012「ポーラ美術館主催デザインキューピーコンテストグランプリ」(商品化、ミュージアムショップにて販売)


アートキャンプ

2016「Tropical Lab 10;Fictive dreams」ラサール芸術大学/シンガポール
————

1993 Born in Bangkok

2012-2016 Musashino Art University BA Sculpture

2016- Musashino Art University MA Sculpture

2017- Kuma Foundation Scholarship


Exhibitions

2017 Exhibition at Fuchu Art Museum/Tokyo

     "LOST SIDE STRIP" MITSUBA kousakusyo/Tokyo

2016 "Tropical Lab 10:Fictive dreams" LASALLE College of the Arts/Singapore

      "IN TEN" Musashino Art University/Tokyo

      "Joint Graduation Exhibition of 5 Art Universities in Tokyo” The National Art Center/Tokyo

      "Graduation Exhibition 2015" Musashino Art University/Tokyo

2015  "GINZA Modern Art Girls Show" Ginza Modern Art Gallery/Tokyo

      "Asia Creative Art Exhibition 2015

      "The National Art Center/Tokyo

2014  "Kodaira Art Site 2014:GATE" Kodaira Central Park/Tokyo

      "ARTISTS’ CAFE Vol.9" Ginza Modern Art Gallery/Tokyo

2013  "ARTON×asobiba production" ARTON/Tokyo

      "Nanaten" UPSTAIRS GALLERY Daikanyama/Tokyo

      "ARTISTS’ CAFE Vol.6" Ginza Modern Art Gallery/Tokyo

       "Belladonna Art 2013" Tokyo Metropolitan Art Museum/Tokyo

       "ARTISTS’ CAFE Vol.3" Ginza Modern Art Gallery/Tokyo


Awards

2016 "Takashi Shimizu Award" Musashino Art University

2012 "Costume Kewpie Design Contest":Grand prize(commercialized)POLA Museum of Art


Art Camp

2016 "Tropical Lab 10;Fictive dreams" LASALLE College of the Arts/Singapore

emikahosoi.tumblr.com 

Yoshio Nakajima Selective Works 1989-2017

2018.01.13.-01.28.

Open: Fridays, Saturdays and Sundays 12:00-18:00

@ Zula Art Gallery 

Opening reception: 2018.01.13. 16:00- 

🥂スウェーデンの食材を使った素敵なカクテルパーティです。お気軽にどうぞ!

 

http://www.yoshionakajima.net

 

中島由夫(1940~)はスウェーデン在住の、画家、パフォーマーです。

ゴッホに憧れ、埼玉県の農村から10代で上京し絵を描き始めました。

50年代半ばの東京は、前衛芸術のエネルギーに満ちていました。その渦中に身を投じ、数々のハプニング・パフォーマンスを実行。23歳で日本を飛び出して渡欧し、いくつもの芸術運動に参加しながら、スウェーデンに行きつきます。アスガー・ヨルン(Asger Jorn)らコブラ派のメンバーを始め多くのアーティストたちと芸術運動に関わるなどし、その後スウェーデンに在住し約50年、パフォーマンスの他、絵画、陶芸作品などを製作してきました。

終生のモチーフとなる「白夜の太陽」を描き、1978年、スウェーデン政府文化アカデミー賞を受賞。

 

"the pioneer of performance"

 

こちらの映像は、昨年オーストリアのグラーツにある美術館でパフォーマンスを行なった際の映像です。

 

https://m.youtube.com/watch?sns=fb&v=5MW9JmOvzNY

 

https://www.museum-joanneum.at/en/neue-galerie-graz/exhibitions/exhibitions/events/event/5632/yoshio-nakajima-3

 

今回の展示期間中パフォーマンス会場として、104galerie-Rをお借りしました。Yoshio Nakajimaパフォーマンスをライブで見ることができるこの貴重な機会に、是非見にきてください。

 

パフォーマンス: 01.27.sat at 16:00 

場所: http://104galerie.com/visit/

また、パフォーマンスの後は共演のななこうえだも交えたアーティストトークも予定しています。

http://nanakoueda.com

La Vie En Mieux

2017.10.28-11.12.

Open on Fridays, Saturdays, and Sundays

From 12:00 to 19:00

Intangible by  Luigi Honorat

Adjustments by Leo Allegre

Plexus Solaire by Hector Garoscio

http://luigihonorat.com/

http://hectorgaroscio.tumblr.com/

*11/11(土)は20:00より音楽家Clement Varierasとのパフォーマンス"Mass Live"があります。

"Mass Live" by Clement Varieras on Nov 11 from 20:00.

Saachi展 by Saachi (saachi.org)
2017.08.19-09.17


Open on Fridays, Saturdays, and Sundays
From 12:00 to 19:00

*8/24は、休廊いたしますが、麻布十番祭りにZula Art Galleryとして出店します。
Aug 24: gallery will be closed as we will officially participate in Azabu Juban Festival. 


**9/2は、Nanako Uedaによるパフォーマンスを企画しています。詳細TBD!
Sep 2: there will be a physical performance by Nanako Ueda. Details TBD.

http://nanakoueda.com/

原憲太郎個展 ~Still~

2017年7月8日〜30日(土、日、月のみ開廊)

7/8からの展覧会のお知らせです。

Exhibition title: Still

By Kentaro Hara

原憲太郎個展: Still 

7/8から7/30までの間、土曜、日曜、月曜の12:00から19:00まで開廊しています。

From July 8 to 30 (gallery open on Saturdays, Sundays, and Mondays from 12:00 to 19:00)

-Photo works and video installations. 

Artist Bio: 

原 憲太郎

1979年  長崎生まれ
2005年  大阪教育大学大学院修士課程芸術文化専攻修了
       
個展
2004年 「原憲太郎展」海岸通ギャラリーCASO(大阪)
2007年 「fragments」海岸通ギャラリーCASO(大阪)
2008年 「ウミガラス、何も言わずに」アートスペース虹(京都)
2012年 「植物の自死に関する一考察」神戸アートビレッジセンター(神戸)
2013年 「エクリプス67日間」新宿眼科画廊(東京)
2014年 「tender」キチジョウジギャラリー(東京)
2015年 「swing-by」SAKuRA Gallery(東京)
2017年 「原憲太郎展」GALLERY ART POINT(東京)

グループ展
2014年 「千代田芸術祭2014 3331アンデパンダン」Arts Chiyoda 3331(東京)
2016年 二人展「seam-less」ギャラリーKINGYO(東京)
2017年 「YAHAGI’s SENSE展」T-Art Gallery(東京)ほか多数

「意味性が失われたもの、中和されニュートラルになったものは、何を指示するのか」を基に作品を制作してきた。
映像作品「hour record」シリーズは、動かないものを一時間、撮影(記録)した作品である。
一時間の動画作品ではあるものの、動くことがない動画のためにそれは静止画のように見え、
作品が動画であることの意味が危うくなる。映像表現の意味や時間概念を疑い、再考する試みとしての作品である。
また、連続写真を使った平面作品「still」シリーズもまた被写体は、動かない静物である。
逆さに活けられた造花や本の空箱、マッチの燃えた跡など、(価値という意での)「意味」を持たないもの達だが、
観者はそこからあらゆる(意味という意での)「意味」を見出していく。
意味のない静物が新たな視点と物語を生み、作品は派生して行く。

2017/3/25 Sat~4/15 Sun
. m.Armellino: Through the Mask展
オープニングレセプション Opening Reception:
3/25 SAT 17:00~20:00 
 
フランス出身のアーティスト. m. Armellinoによる、Through the Mask。3Dのポップアップ作品を中心に、ドローイング、写真等、様々な作品を展示します。
2017/2/25 Sat 17:00~
Absolute impro スピンオフ企画~幻化ナイト~
Project 七竹堂がお送りする一夜限りのチェロxリキッドライティングxダンスによる異種インプロセッション
出演者:森重靖宗(チェロ)x reactor(Liquid Lighting)xうえだななこ(ダンス)
料金:2000円(1Drink込)
Project七竹堂presents;
One Night Limited Impro Session!!
with Cello x Liquid Lighting x Dance
Performer: Yasumune Morishige (Cello), reactor (Liquid Lighting), Nanako Ueda (Dance)
2000 yen (with One Drink)